TOP MUSEUM
東京都写真美術館 TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

開館時間 10:00-20:00

入館は閉館時間の30分前まで

上映は1Fの上映時間を参照

本日は開館しております(10:00-18:00)

本日は開館しております(10:00-18:00)

日本語

アメリカ版『ヴォーグ』 1945年3月15日号表紙のヴァリエーション、「赤十字を担おう」 1945年
東京都写真美術館  © The Estate of Erwin Blumenfeld
 
2F

アーウィン・ブルーメンフェルド

美の秘密

2013.3.55.6月・振休

  • 開催期間:2013年3月5日5月6日月・振休
  • 休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日) ※4月30日(火)は臨時開館
  • 料金:一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円
  • ※各種カード割引あり

( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、上記カード会員割引(トワイライトカードは除く)/ 小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

『ハーパース・バザー』や『ヴォーグ』等のファッション誌を中心に、第一次、第二次世界大戦を挟んで活躍した、アーウィン・ブルーメンフェルド(1897-1969年、独→米)の国内初の個展を開催します。欧米ではファッション・ポートレイト全盛期の旗手としてポンピドゥー美術館(パリ、1981年)、バービカンセンター(ロンドン、1996年)の個展などで高い評価を得ているブルーメンフェルドですが、重要な作品が各国の美術館に散在していることから、これまで日本国内で全貌をご紹介する機会がありませんでした。今回、ブルーメンフェルドのご遺族、関係者によって、1930年代のヴィンテージ・プリントや作家自身が選出した名作100点、カラー復元された美しいファッション写真などが集められました。本展覧会はパリのジュ・ドゥ・ポーム美術館に先んじて、それらの資料から独自の視点で構成した約290点(資料含む)の作品群をご紹介する貴重な機会です。シュルレアリスムからヌード、ファッションまで網羅し、多くの写真家に影響を与えたブルーメンフェルドの表現ですが、その陰には二大戦に翻弄され、時代に応じて活動の場を選択せざるを得なかった作家の苦悩が存在します。作家の活動を通し、時代背景、思想などに視点を向けると、美しい表現の根底にある精神が見えてくるのです。華やかな作品に隠された美の秘密をぜひ探してみてください。

アメリカ版『ヴォーグ』 1949年11月1日号のヴァリエーション、1953年
アメリカ版『ヴォーグ』 1953年3月15日号のヴァリエーション、1953年
アメリカ版『ヴォーグ』 1953年5月1日号表紙のヴァリエーション、1953年 
図版はすべて© The Estate of Erwin Blumenfeld

"Erwin Blumenfeld: a hidden ritual of beauty" is organized by Tokyo Metropolitan Museum of Photography in special collaboration with Nadia Blumenfeld-Charbit, The Blumenfeld Family and Jean-Louis & Mado Mellerio. The exhibition is curated by Nadia Blumenfeld-Charbit and Harumi Niwa, curator of TMMOP.


□主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/朝日新聞社
□協賛:株式会社資生堂/凸版印刷株式会社/東京都写真美術館支援会員
□協力:セレクションD.P.I.





NHK教育テレビ「日曜美術館」のアートシーン(展覧会情報)で「アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密」展が紹介されました。
放映日時:2013年3月17日(日) あさ9時~ (アートシーンは9時45分~10時)
再放映日時:2013年3月17日(日) よる8時~(アートシーンは8時45分~9時)

○番組のホームページはこちら→

関連イベント

関連レクチャー「美の変遷とエレガンス」
2013年4月13日(土) 14:00~15:30  終了致しました

アーウィン・ブルーメンフェルドが生涯撮り続けたエレガントな女性美について、
ヘア&メーキャップアーティストの視点からお話いただきます。1950年代から現代までの
メークトレンド解説や、明日から役立つメーキャップのデモンストレーションもあります。
講師:岡元美也子(資生堂ビューティートップスペシャリスト、ヘア&メーキャップアーティスト)
会場:東京都写真美術館 2階ラウンジ
定員:50名
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※当日10時より1階受付で整理券を配布します。番号順入場、自由席
※開場13:45(予定)
岡元美也子さんのホームページはこちら
チラシはこちら

関連レクチャー「ファッション誌と写真」「新進クリエイターの作品について」
2013年4月20日(土) 14:00~15:30  終了致しました
アーウィン・ブルーメンフェルドが活躍した時代のファッション誌から現在の雑誌との比較や、
ファッション写真について、日本のファッションディレクチャー、スタイリストの草分けである
原由美子氏にお話を伺います。また、新進クリエイターのコスチュームをロビーでご紹介しながら、
文化ファッション大学院大学教授 小杉早苗様にも解説いただきます。
講師:「ファッション誌と写真」 原由美子(ファッションディレクター)
「新進クリエイターの作品について」 小杉早苗(文化ファッション大学院大学教授)
会場:東京都写真美術館 2階ラウンジ
定員:50名
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※当日10時より1階受付で整理券を配布します。番号順入場、自由席
※開場13:45(予定)
チラシはこちら
協力:学校法人文化学園 文化ファッション大学院大学
関連レクチャー「ダダからシュルレアリスムへ」
2013年4月27日(土) 15:00~16:30  終了致しました
ベルリンに生まれ、アムステルダム、パリ、ニューヨークと移住しながらブルーメンフェルドが
追究した表現は、ジョージ・グロスなどダダイスト達との交流から生まれました。
当時の美術やダダイズムを取り巻く状況をマティスやピカソ等、西洋近代美術史の研究者、
田中正之氏にお話いただきます。
講師:田中正之(武蔵野美術大学 教授/美術館・図書館 館長)
会場:東京都写真美術館 2階ラウンジ
定員:50名
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※当日10時より1階受付で整理券を配布します。番号順入場、自由席
※開場14:45(予定)
チラシはこちら
関連講演会「アーウィン・ブルーメンフェルド:その人生と表現の試み」
2013年3月5日(火) 16:00~17:30  終了致しました

ゲスト:ナディア・ブルーメンフェルド・シャルビ (展覧会協力者・作家ご遺族)
祖父アーウィン・ブルーメンフェルドの魅力について、日常生活から作品秘話までお話いただきます。
会場:東京都写真美術館 2階ラウンジ ※事前告知より会場が変更になりました。ご注意ください。
定員:約50名
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※当日10時より1階受付で整理券を配布します。番号順入場、自由席。逐次通訳付き。
※開場15:45(予定)

担当学芸員によるフロアレクチャー
2013年3月8日(金) 14:00~  終了致しました
2013年3月22日(金) 14:00~  終了致しました
2013年4月12日(金) 14:00~  終了致しました
2013年4月26日(金) 14:00~  終了致しました
※本展覧会の半券(当日有効)をお持ちの上、会場入口にお集まりください。

展覧会図録

Erwin Blumenfeld : a hidden ritual of beauty
展覧会の開催に合わせて全出品作品の図版と、ラファエル・ストパン、ナディア・ブルーメンフェルド=シャルビ(展覧会協力者・作家ご遺族)、当館担当学芸員のテキストを掲載しています。A4変形 227ページ 発行:東京都写真美術館

図録一覧はこちら